2019年 11月 15日 (金)

記者会見で「ネットユーザーの声」代弁 ニコニコ動画が岡田外相に質問

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ネットユーザーの疑問に大臣はどう答えるか? 記者クラブ以外のメディアにも開放された外務省の大臣会見で、インターネットで募集したユーザーの質問を会見場にいるスタッフが「代読」するという試みが実施された。大臣はきちんと問いに答え、ネット上ではユーザーたちの「歓声」があがった。

   外務省で2009年10月27日に開催された岡田克也外相の定例会見。約50分間に及んだ質疑応答の最後のほうで、インターネットの動画サイト「ニコニコ動画」のスタッフが、ユーザーの質問を大臣にぶつけた。テーマは「テレビとネットの違い」についてだった。

「テレビとネットの大きな違いは?」と質問

岡田外相が質問に答えると、ニコニコ動画のユーザーから「よくやった!」などのコメントが寄せられた
岡田外相が質問に答えると、ニコニコ動画のユーザーから「よくやった!」などのコメントが寄せられた
「大臣は野党時代の早くから自らのサイトで動画配信をしてきたということですが、ニュースの報道という点において、テレビとネットの大きな違いはどういったものだとお考えになりますか?」

この質問に対して、岡田外相は笑顔で答えた。

「私自身が配信してきたのは、私の主張を多くの方に知っていただくため。媒体を通すと、私自身の本意とは違う伝えられ方をすることがありますけど、(ネットの)映像ですと、それがそのままということになりますから、そういう意味でありがたい。政治家にとっては、自分の考え方をより広く発信するための非常にいい手段だと思っています」

   さらに続けて、ニコニコ動画のスタッフが「大臣自身はインターネットをどのように使っていますか」とたずねると、岡田外相は

「自分のホームページをみるぐらいです。時間もありませんので」

と苦笑しながら返答した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中