2019年 2月 18日 (月)

シンガポールから医薬品発送 ケンコーコム「個人輸入」推進

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   改正薬事法が施行され、胃腸薬の第1類、風邪薬や頭痛薬の第2類医薬品は通信販売できなくなった。通販会社や通販需要のある伝承薬メーカーは強く反発しているなか、医薬品のネット販売を主力とするケンコーコムはシンガポールに子会社を設立し、個人輸入という形式で日本への販売を始めた。

   新しく立ち上げた通販サイト「ケンコーコムシンガポール」では、第1類、第2類を含む医薬品2432品を販売している。厚生労働省によると、個人輸入である限り薬事法に抵触しない。しかし副作用が起こった場合、国の救済を受けられないというリスクがあり、「適切でない」といっている。

「シンガポールは国のルールが明確で事業展開しやすい」

ケンコーコムシンガポールのサイト
ケンコーコムシンガポールのサイト

   ケンコーコムは2008年度の売上高が100億円を突破し、「健康関連のECサイトとして国内最大級の規模」となったことを受けて、国際分野へ進出すると2009年10月26日に発表した。その足がかりとして、「ケンコーコムシンガポール」のサイトを立ち上げ、アジアNo.1を目指す。子会社のケンコーコム シンガポール プライベート リミテッドが運営する。

「2000年にケンコーコムのサイトをオープンした当初から海外進出する構想がありました。いまアジアではEコマース市場が伸びています。一方、日本は改正薬事法で医薬品の通販を規制して閉塞感があり、日本を拠点として事業を拡大させるのは難しいと判断しました。シンガポールを選んだのは、物流が発達していること、ITインフラが整っていること、国のルールが明確で事業を展開しやすいこと、といった理由です」

   広報担当者はこう説明する。

   ケンコーコムシンガポールでは、日本で通販が禁じられている第1類、第2類を含む医薬品2432品を販売する。商品情報は日本語で書かれていて、購入する前に、体の状態に関する10項目以上にわたる質問に回答し、問題なければ購入できるという仕組み。薬剤師にメールで相談することもできる。

   シンガポールに在住、滞在する邦人のほか、シンガポールから個人輸入するという形で日本国内にも販売するため、「改正薬事法の抜け道だ」と報じられている。これについて広報担当者は、海外進出が一番の目的であるとした上で、

「日本で第1類と第2類医薬品が通販できなくなり、困っているお客様もいらっしゃいます。個人輸入という形式になりますが、ご自身の判断で利用していただきたいと思います」

   とし、「抜け道」として立ち上げたことについては否定している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中