2018年 5月 21日 (月)

大手企業冬のボーナス過去最大の15.91%減少

印刷

   大企業の2009年冬のボーナスは、前年比15.91%減の74万7282円で、減少率が1959年の調査開始以来最大になる。日本経団連が従業員500人以上の東証1部上場企業を対象に調査したもので、平均妥結額が判明した14業種99社を集計した。業種別では自動車が22.20%減の75万6949円、電機が18.88%減の66万9615円、非鉄金属が22.38%減の62万9932円でいずれも減少率が過去最大。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中