格安中古別荘が続々登場 土地、建物込み300万円台も

印刷

   中古別荘が値下がりし、土地と建物付きで300万円台という格安物件もたくさん出ている。不景気で全国的に相場が下がっていて、人気の高い別荘地も例外ではなく、インターネットオークションでも盛んに売買されている。

   300万円台の中古別荘は今やそう珍しくはないようだ。那須塩原市の3Kの別荘(土地367平方メートル付き)が390万円、栃木県足利市の4DK(476平方メートル)が360万円、長野県佐久市のワンルーム(330平方メートル)は350万円、といった具合。

「避暑地用は減り、最近は家庭菜園や趣味のため」

   これらの物件を販売している日本マウント(東京都品川区)によると、所有者が高齢化して利用する機会が減り、家族も使わないので処分するケースが増えている。別荘の管理費は年間数万から、マンションのように数十万円かかることもあり、持っているだけでも負担になるからだ。

   格安物件が増えたため、別荘に対する敷居が下がり、客層が変わってきている。

「避暑地用は減り、最近は家庭菜園や趣味のためというように、目的があって購入する人が増えています。近い将来に定住を考えている50歳代のお客様も多いです。若い人は田舎暮らしをしてみたいと定住目的で購入します。今の時代に新築で別荘を建てるという人は少なく、格安中古物件に人気が集まっています。バブルの頃に数億円かけて建てられた物件を1億円未満で狙っている人もいます」

同社の業務担当者はこう話す。

   別荘地、中古別荘を販売するバイタル(東京都港区)の担当者は、

「こういう時代(不景気)だから、人気の高い別荘地でも全体的に値段が下がってきて、売買が盛んになっています」

といっている。

   浅間山を望む群馬県嬬恋村の別荘(土地667平方メートル付き)を395万円で、長野県富士見町の吹き抜けタイプ(同823平方メートル)を430万円で、伊豆大川の海を望む東伊豆町の別荘(同325平方メートル)を350万円で、伊豆市の温泉付き別荘(同1061平方メートル)を580万円で販売している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中