2019年 11月 13日 (水)

高速道路で「車中泊」旅行 ガイドブックも発売される

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   節約志向の高まりを受けて、車の中に泊まる「車中泊」が注目を集めている。高速道路の休日料金が1000円の導入で長距離ドライバーが増え、アウトドア派の間だけでなく一般の人にも広がっているのだ。

   車中泊する場所は、高速道路のサービスエリアや道の駅の駐車場。車中泊のガイドブックも出ていて、今後も利用者が増えることが予想される。一方でマナー違反など問題も起き、高速道路の運営会社では推奨していない、といっている。

車中泊で土日を有意義に使える

   車中泊のメリットはなんといっても宿泊費がかからないこと。家族が多いほど得になる。また、旅館やホテルに予約して泊まるには、決まった時間までにチェックインしなければならずスケジュールが制限されるが、車中泊なら好きなように動ける。座席をフラットにして寝たり、場所によってはテントや寝袋を使う人もいる。

   ただ、デメリットもある。狭い車内で寝るので疲れがとれない。夏は冷房をかけないと暑い。冬は冷え込む。冷暖房を付けっぱなしにしている車も多い。そんなこともあって、最近はアイドリングを禁止している駐車場も多くなっている。

   とはいえ、不景気で少しでもお金を浮かしたいという人に車中泊が人気で、きれいなトイレがある高速道路のサービスエリアや道の駅の駐車場を使っているようだ。

   「Yahoo!トラベル」の「旅の知恵袋」には、

「香川・坂出IC~愛媛・松山IC間あたりで、車中泊できそうな道の駅を探しています。できれば新しそうなほうがいいです。また、近くに温泉もあると助かるのですが」

   という質問が2009年10月8日に書き込まれている。

「ディズニーシーに行く予定です。車中泊を考えており、風呂は近辺のスーパー銭湯湯処葛西に行く予定ですが、ここの駐車場または隣のイトーヨーカドーは車中泊できますか?他にディズニーシー近くに車中泊できる場所はありますか?」

   掲示板に09年10月24日に書かれている。

    車中泊のガイド本「ミニバン車中泊バイブル」や「快適車中泊スポットガイド」を発行している毎日コミュニケーションズの編集担当者は、

「土日を有意義に使うために、金曜の夜に出発して目的地の近くで車中泊し、土曜日はフルに使うという方法を提案したのが始まりですが、高速道路の休日利用料金が1000円になってサービスエリアに泊まる人がますます増えていると思います。トイレや入浴施設が近くにある駐車場が適していますが、流動的なので2~3の候補地を考えておく必要があります」

   と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中