2020年 7月 2日 (木)

海外で荷物を預かってはダメ 麻薬「運び屋」日本女性逮捕

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   日本人女性(35)がマレーシアに覚せい剤を持ち込もうとし、同国の税関当局に拘束された。マレーシアは麻薬に厳しく、日本人女性が死刑になる可能性が高まっている。日本と比べると、刑の重さに雲泥の差がある。

   クアラルンプール空港で2009年10月30日に拘束されたのは、元看護士の竹内真理子容疑者。覚せい剤4・7キロ・グラム、末端価格で約3200万円分を所持していた。スーツケースの底に隠して持ち込もうとし、危険薬物法違反の容疑で逮捕された。調べに対し、「荷物は預かったものだ」と供述。電話で日本にいる母親に「こんなことになってごめんなさい」涙を流し謝っていると報道されている。

中国で日本人4人が麻薬密輸で死刑求刑

   竹内容疑者は、9月に2回、10月に3回とクアラルンプール国際空港を使用し、ドバイやマレーシアなどを行き来していた。大掛かりな麻薬密売ルートの運び屋なのではないか、として現地当局は調べているという。

   日本は麻薬の所持や使用による罰が非常に軽いとされている。初犯だと執行猶予が付くのが普通だし、芸能人ならば、暫くすると仕事に復帰している。国によっては麻薬の所持や使用で死刑となる国もあり、それは外国人に対しても同じ。09年4月には中国で大連空港から日本に覚せい剤約2・5キロを密輸しようとした60代の男性の死刑が確定した。中国で麻薬に関わり死刑が確定した日本人は4人になった。

   事件の舞台となったマレーシアも麻薬に厳しい。日本外務省によれば、ヘロイン・モルヒネ15g以上、マリファナ200g以上を所持した場合は死刑。外国人であっても、

「少しぐらいは大丈夫だろう、などという考えは絶対に通用しません」

と説明している。というのも麻薬密輸などの罪で英国人1人が1989年に絞首刑。90年には香港市民8人が死刑執行されたからだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中