光市母子殺害の「実名本」、出版差し止め認めず 広島地裁

印刷

   山口県光市母子殺害事件の被告(28)の実名が記載された単行本をめぐり、元少年側が出版差し止めを求めて行っていた仮処分申請は、2009年11月9日、広島地裁に却下された。弁護団では、却下の理由を明らかにしておらず、今後、被告本人と対応を協議するという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中