2019年 8月 18日 (日)

ドラマの主役が着た服販売 関西テレビ新商売に論議

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し
公式ホームページが通販サイトの入り口に
公式ホームページが通販サイトの入り口に

   ドラマで主役が着た服などを、番組ホームページを通じて売る関西テレビの試みが、論議を呼んでいる。テレビ不況から生まれた苦肉の策とはいえ、公共の電波を使って広告と境界があいまいな放送を流していいのかということだ。

「つまらない服を着ていると、つまらない人生になるわよ」

   フジテレビ系で2009年10月13日から放送中の関西テレビ制作「リアル・クローズ」で、女優の黒木瞳さん(49)演じるデパートのカリスマ部長、神保美姫がつぶやくフレーズだ。

タレントの香里奈さん、服などをPR

   この連続ドラマは、タレントの香里奈さん(25)扮するデパート勤務の主人公、天野絹恵が、婦人服売り場の担当になってファッションに目覚め、仕事にも活躍していく姿を描く。視聴者は、香里奈さんらが身につけている服やアクセサリーなどを、番組ホームページにリンクされた通販サイトを通じて、放送とリアルタイムで購入することができる。

「すてきなお知らせです。ドラマの中で私たちが着ている服がゲットできちゃいます!」

   放送では、番組の最後に、香里奈さんがドラマの視聴者にこうアピールした。

   関西テレビの企業広報部によると、この仕組みを、ホームページにリンクを張っていることから「オンエア・リンク」と呼んでいる。ドラマに導入した理由について、同部では、「衣装などの問い合わせが多いので、視聴者サービスの一環として始めました。また、番組の宣伝も兼ねています」と説明する。

   もっとも、大幅な広告減収の影響についても、「収入は意識の中にはあります」と認めている。オンエア・リンクの導入は、今のところこの番組だけで、他のテレビ局の導入の動きについては聞いていないという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中