この冬は暖かく、降雪も少なめ 気象庁が3か月予報

印刷

   気象庁は、2009年11月25日、12月から10年2月までの3か月予報を発表した。太平洋赤道域東部の海面水温が高くなるエルニーニョ現象などの影響で、気温は東日本から西日本にかけて高く、暖冬になる見通し。降水量は、日本海側で平年より少なめとなるほかは平年並みか多め。日本海側の降雪量は、平年より少ないと見ている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中