2021年 3月 1日 (月)

内外タイムス倒産でも 「くだらなさが面白い」サイトだけ存続

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   スポーツ紙「リアルスポーツ」を発行している内外タイムス社が2009年11月30日、自己破産申請を行った。リアルスポーツは、新規読者を開拓するため09年6月に「内外タイムス」から紙名を変更したばかり。同紙は11月30日をもって休刊となったが、サイトは「リアルライブ」と名を変え、別会社が運営していく。

   帝国データバンクによると、内外タイムス社は同日東京地裁に自己破産を申請した。負債額は約26億円となっている。

内外タイムス社から完全に分離、単独でサイトを運営

「必ず12月15日より、以前のウェブサイトより増した魅力的な記事等の提供を確約いたします」とのことだ
「必ず12月15日より、以前のウェブサイトより増した魅力的な記事等の提供を確約いたします」とのことだ

   委嘱を含む従業員50人は解雇を通告され、同紙も11月30日付けを最後に休刊となった。しかし、同紙公式ウェブサイトはこの日から、「リアルライブ」と名前を変えた。サイトには、同日付で「重要なお知らせ」という文章が掲載されている。

   同サイトの運営を担当していたウェブ制作会社「フェイツ」の長谷川善人代表名で、リアルスポーツは、リアルライブへと名称を変更し、内外タイムス社から完全に分離、今後は同社が単独でサイトを運営していくことが告知されている。

   企業サイトによれば、フェイツ社の従業員数は50名。東京本社のほか福岡にも支社を持ち、ウェブサイトの制作のほか、アパレル商品のネット販売なども行っている。同社の役員によると、同社は06年から内外タイムスのサイト運営を担当していた。

「システムもドメインも運営費用はフェイツが持ちますが、配信された記事の権利や、広告費の一部はフェイツが頂きます、という契約でした。過去の記事を含め、弊社が権利を持っています」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中