2021年 2月 26日 (金)

「年越し」確実な普天間問題 喜ぶ「福島」に渋面「岡田」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   鳩山政権の懸案の一つである米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の移設問題は、年内決着が困難な情勢となった。早期決着に反対してきた社民党の福島瑞穂党首は「本当にうれしい」と素直に喜んでいるが、日米関係に悪影響が出る恐れから、岡田克也外相は「非常に懸念している」と渋い表情だ。肝心の鳩山由紀夫首相は「県内も国外もどちらも可能性がある」とあいかわらずはっきりしない。

   普天間問題をめぐっては2009年11月に日米閣僚級の作業グループが設置され、岡田外相を中心に年内決着を目指した検討が続けられてきた。アメリカ側は名護市の辺野古沿岸部に移設するという現行計画での早期決着を求め、閣内でも岡田外相らは県内移設に向けて動いていたが、連立与党の一角を占める社民党と国民新党から「現行計画で早期決着すべきではない」という異議が出ていた。

福島党首「急いで決着がつかなくて、本当にうれしい」

上機嫌な社民党・福島瑞穂党首の会見はニコニコ動画でも生中継された
上機嫌な社民党・福島瑞穂党首の会見はニコニコ動画でも生中継されたた

   「越年」が濃厚になったのは12月3日。党首戦を翌日に控えた社民党の福島党首が連立政権離脱の可能性をちらつかせながら、現行計画に反対する姿勢を強く打ち出したためだ。もし社民党に離脱されると与党は参議院で過半数を割ることになる。それを避けるためには、普天間問題を先送りして、社民党との亀裂を決定的にしないことが必要だったのだ。

   社民党では、党首選への立候補を検討していた沖縄2区選出の照屋寛徳衆議議員が、普天間問題に対する福島党首の姿勢を評価するとして出馬をとりやめたため、福島党首の4選が無投票で決まった。福島党首は12月4日の会見で、

「社民党の議員がよく働きかけて、総理自身が年内の決着はしないということをおっしゃった。また、県外や国外も含めたあらゆる可能性も視野に入れるとおっしゃっている。辺野古の沿岸部に海上基地を作ると12月中に急いで決着がつかなかったことは、本当にうれしいと思っています」

と満足そうな笑みをみせた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中