2021年 6月 18日 (金)

「大工」を志望する学生たち 東大や京大、早慶が殺到

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   大工になりたいという大卒者が集まる建設会社が注目を集めている。大工を育てるという会社の方針もあって、希望者は年々増加傾向だ。2011年採用にもすでに約400人がエントリー、高学歴の学生も多いそうだ。

   その会社は「平成建設」といい、1989年平成時代の突入とともに設立された。代表の秋元久雄さんは元ゼネコンの営業マンだったが、父親も祖父も大工の棟梁で、幼少時には仕事の魅力を随分と聞かされた。建設会社を起業したのも「一流の大工を社内で育てたい」という思いがあったからだ。

お客の顔を知らないで建築していいのか、と考えた

   この発想は業界内では異色だったらしい。というのも、一般的な建設会社は、「家を建てたい」という依頼があると、「基礎会社」「足場会社」「型枠会社」「鉄筋会社」「大工会社」などに個別に仕事を外注するのがふつうだ。建設会社は営業や施工管理を行い、現場の仕事は下請けに回している。建設会社が大工を雇うことはあまりない。会社で雇って一から教えるよりも、外部の熟練者に任せた方がコストもかからないこともある。

   ところが、秋元さんはこの仕組みに疑問を感じていた。現場はお客の顔を知らないで建築し、客の細かな要望もつたわりにくいのではないか。そう考えた。また、大工そのものの減少も気になっていた。そこで、建設会社としての営業や施工管理に加え、設計や現場の仕事、事後管理も自社で一貫して行うことにしたのだ。さらに不動産部門も置き、マンションの賃貸なども手がけているという。こうした手法が功を奏したのか、平成建設は創業以来、順調に業績を伸ばしており、2009年10月期決算でも売上高103億円(前年は96億円)と好調を維持している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中