羽田・米国便運行 日米オープンスカイ協定

印刷

   アメリカワシントンで行われた日米航空協議で日米両国は、航空自由化(オープンスカイ)協定について合意に達したことが2009年12月12日わかった。これにより、両国間の空港路線が原則的に、航空会社によって自由に決められるようになる。また、2010年10月以降、羽田空港とアメリカを結ぶ便が運行できるようになる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中