2018年 7月 18日 (水)

「外国人参政権に賛成の立場」 小沢氏、通常国会での成立に意欲

印刷

   民主党の小沢一郎幹事長は2009年12月14日の定例会見で、永住外国人への地方参政権付与の法案提出について「私は基本的に賛成の立場。党内で賛否両論があるのは承知しているが、最終的には政府・内閣で決定して提案するのが望ましい」と述べ、来年の通常国会での成立に意欲を見せた。

   「法案提出の際には党議拘束をかけるのか」という質問に対しては、

「いろんな意見があってもいいと思うが、政府が提案するというのは、私どもの政府が提案すること。自分たちの政府が提案したことには、賛成するのが普通じゃないですかね」

と答え、党議拘束をかける可能性があることを匂わせた。

   小沢幹事長は12月12日に訪問先の韓国での講演で、外国人参政権の問題に言及。「来年の通常国会で(法案提出が)現実になるのではないか」と発言していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中