2019年 7月 17日 (水)

キャバクラ化する「ガールズバー」 5万円のドンペリ、同伴制度も

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   女性がバーテンダーを務める「ガールズバー」と呼ばれる飲食店が、夜の街で人気を集めている。ただ、最近、その料金体系や接客方法などに変化が現れてきたようだ。

大阪・宗右衛門町
大阪・宗右衛門町

   2009年12月26日、ガールズバーで請求された額が「高すぎる」として、男性店長を暴行した容疑でお笑いコンビ「メッセンジャー」の黒田有(39)が逮捕された。今回、ガールズバーの人気と不透明な実情を象徴するようなこの事件の現場、大阪・宗右衛門町でその実態を探ってきた。

「女の子の質はキャバクラと変わらない」

   「ガールズバー」は06年半ばに大阪で発祥したといわれる。深夜0時以降の風俗店の営業を規制する法律や各自治体条例によるキャバクラ等への規制強化の動きが強くなるにつれ、風俗営業の許可がなくてもよいガールズバーの出店が相次いだ。時間無制限、ワンドリンク500円~1000円という低価格サービスがうけ、数年で主要都市を中心に全国に広がった。

   ただ、その実態ははっきりとしない。ガールズバーでは法令上、女性スタッフが客の傍に座るなどの接客行為は認められていないはずだが、店舗によってはキャバクラと変わらない接客をしているともいわれる。実際に08年以降、風俗営業の許可をとらずに接待行為を行ったとして、東京都・歌舞伎町などの数店舗が摘発されている。

「1時間飲み放題4000円でどうですか。かわいい子つけますよ」

   大阪一の歓楽街ともいわれる、宗右衛門町の元日。21時をまわると、キャッチセールスの男性と女性たちが側道に立ち並び、ひっきりなしに声をかけてくる。そのほとんどがガールズバーのスタッフだった。

   大阪の風俗事情を良く知る風俗店関係者によると、09年に入ってから大阪では深夜0時以降のキャバクラ営業への取り締りが一層強まり、これまでキャバクラとして営業していた店の「ガールズバー」への鞍替えが進んでいるのだという。

   実際に18歳と20歳の女性店員を伴ってキャッチセールスしてきたガールズバーの男性スタッフは、こんなふうにアピールしてきた。

「うちは2週間前にキャバクラから業態を変えたばかりのお店です。女の子の質はキャバクラと変わらないからお得ですよ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中