金川被告の死刑が確定 土浦の通り魔事件

印刷

   茨城県土浦市で9人を殺傷した通り魔事件で、同市中村東の無職、金川真大被告(26)が殺人の罪などで受けた死刑判決が2010年1月5日、確定した。

   09年12月18日の水戸地裁の判決に対し、弁護士が即日控訴したが、同28日に金川被告自ら控訴を取り下げていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中