2018年 7月 18日 (水)

酒井法子「大学退学」報道否定 大学側がのりピーメールを公開

印刷

   女優の酒井法子さんが入学を決めた創造学園大学(群馬県)を巡り、「スピード退学になりそうだ」などと報じられたことについて、2010年1月14日、大学側は「退学は100%あり得ない」と断言した。そして、酒井さんが入学式前に大学宛に送ってきたというメールを公開し、「卒業まで真摯に勉強に励むという決意が書かれています」としている。

   マスコミ各社は2010年1月12日に酒井さんの入学式があることをつかみ、大学付近で酒井さんを待ち受けていた。しかし、酒井さんは現れないまま式は終了。混乱を避けるために欠席したとも考えられるが、大学のホームページ上にあった酒井さんの動画や写真がいつの間にか削除されていることもわかり、様々な憶測が生まれることになった。

酒井さんの動画や写真が削除され、憶測が

   東京スポーツは10年1月14日付けトップで「のりピー入学式ドタキャン 退学も」という見出しを躍らせた。同大学の「反学長グループ」は酒井さんの入学に反対で、酒井さんの「介護福祉コース」専攻も白紙にした、などという同大学関係者の話を掲載した。

   また、退学の根拠の一つとして、同大学のホームページ上に掲載されていた酒井さんの動画や、写真が削除されたことを挙げた。09年11月に酒井さんの入学が決まると大学側は大学のPRに酒井さんを起用。動画には

「同じ場所で一緒に学びましょうと、楽しみましょうという気持ちがダイレクトに伝わってきて、凄くそれが嬉しかったです」

などと笑い声を交えながら語っている姿があった。

   しかし、この記事について大学側は、

「酒井さんの『退学』などということは想定外で、100%あり得ません」

と回答した。

「卒業まで真摯に勉強し自分自身を向上させたい」

   その根拠として入学式前に酒井さんから大学に送られてきたというメールを公開した。そこには、

「この度は、創造学園大学に入学させて頂き心よりお礼申し上げます。1月12日に執り行われます入学式にこの度は不参加となり大変申し訳ございません。同学科を実習される数十名の同期の皆様とも入学の喜びを分かち合いたかったです。これから卒業までの間、学科・実技等を真摯に勉強し自分自身を向上させて行きたいと思っております。今後ともご指導の程、心より宜しくお願い申し上げます。」

と書かれていて、入学式に出席しないことを事前に報告していた、ということだった。

   また、動画や写真を削除したのは掲載からだいぶ時間が経ったことが理由で、

「次回(酒井さんが)また登校されましたら(新しい)映像をアップする予定です」

と説明している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中