2018年 7月 20日 (金)

JAL・再生機構が会見 西松前社長「08年上期までは順調だった」

印刷
記者会見に臨むJALの西松遙前社長(左は企業再生支援機構の西沢宏繁社長)
記者会見に臨むJALの西松遙前社長(左は企業再生支援機構の西沢宏繁社長)

   会社更生法の適用を申請した日本航空(JAL)と、同社の支援を表明した企業再生支援機構は2010年1月19日夜、東京・丸の内の東京商工会議所で共同記者会見を開いた。経営責任をとって辞任したばかりのJALの西松遙前社長は、2度にわたって頭を下げ陳謝。

「JALグループは最後のチャンスをいただいた。(この日発表された再建)計画を早期に実行することで、日本を代表する強い航空会社に生まれ変わると信じている」

と話し、「どこからおかしくなったのか」という記者からの質問には、

「08年上期までは順調だった。自主再建は目の前だった。そこにリーマンショックがきて、ビジネス客が半減した」

などと振り返った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中