2019年 7月 21日 (日)

テレ東番組「ルビコンの決断」 「ウォークマンの逆襲」はやりすぎ

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   「ウォークマンの逆襲」。そう題されたテレビ東京の経済ドキュメンタリー番組が放送された。携帯デジタルプレイヤー市場のソニーとアップルの攻防に焦点をあて、ソニーが4年8か月ぶりにトップシェアを奪還したという内容だが、「ソニーを持ち上げる内容で、いきすぎではないか」という疑問の声が上がっている。

わずか2週間で終わった「トップシェア奪還」

2009年1月~10年1月の携帯デジタルプレーヤーの販売台数シェア推移。ソニーは09年秋に一瞬逆転したが、その後はアップルに首位を譲ったままだ(データ提供:BCNランキング)
2009年1月~10年1月の携帯デジタルプレーヤーの販売台数シェア推移。ソニーは09年秋に一瞬逆転したが、その後はアップルに首位を譲ったままだ(データ提供:BCNランキング

   問題の番組は、テレビ東京が2010年1月21日に放送した経済ドキュメンタリー「ルビコンの決断」。ビジネスの世界の劇的な人間模様を「再現ドラマ」で伝える番組だ。公式サイトによれば、

「人生を賭け、会社の存続を賭け、新しい時代を切り開いていった人たちの "決断"をドラマチックに描き、見ている人たちに勇気を与えていく新しい報道番組です。これまで、カメラで撮影することの出来なかった経済の裏側を、徹底したペン取材によって浮き彫りにし、事実に基づいたドキュメンタリードラマとして描いて行きます」

とされており、これまで「プリウスを創った男たち」「ユニクロ快進撃の真実」などのテーマで放送している。

   1月21日に放送されたのは「ソニー ウォークマンの逆襲」。かつて携帯音楽プレーヤーの分野で圧倒的な強さを誇ったウォークマンが、アップルのiPodの登場によって後退を余儀なくされたが、さまざまな変革によって4年8か月ぶりにシェアトップを奪い返した――そんなストーリーを俳優の野村宏伸さんの主演でドラマチックに描いた。

   たしかに、ソニーは2009年8月末から9月初めにかけて、首位に返り咲いている。しかしその直後、アップルが新商品を発表するとたちまちシェアトップを奪い返され、いまもアップルの優位は変わっていない。4か月前の一瞬の出来事をとらえて、「ウォークマンの逆襲」という仰々しいドラマに仕立て上げるのはいささか公平性を欠くのではないか。そんな声が上がっているのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中