2018年 7月 19日 (木)

「ネコ本」がモテモテ 「まこ」25万部「猫村さん」149万部

印刷

   最近、ネコの書籍や漫画がたくさん売り出されている。個人のブログに登場して人気が出たネコ「まこ」の書籍は25万部を販売し、ネコ漫画「きょうの猫村さん」は149万部が売れた。ネコと暮らす若い男性の日常を綴った漫画は、男性向けコミック誌で連載しているにも関わらず、女性ファンが急増している。

「まこ」本、ブログ終了後も重版

2010年2月9日に発売する単行本「片桐くん家に猫がいる」
2010年2月9日に発売する単行本「片桐くん家に猫がいる」

   ネコの「まこ」は個人のブログに写真が掲載されると、独特な「つぶれ顔」がネコ好きの間で話題となり、書籍化された。ブログが元になった「まこという名の不思議顔の猫」は2009年6月に3巻目を刊行し、ポストカード「まこ便り」と合わせて4冊で25万部が売れている。

   3年間更新してきたブログは09年6月に終了したが、発行元のマーブルトロン担当編集者は「今も重版がかかっている」といい、人気は衰えていない様子。「まこ」が表紙を飾った「ブルータス」09年3月2日発行(マガジン・ハウス)も、売れ行きがよかったそうだ。

   ネコを特集した雑誌は昔から人気が高く、「クレア」(文藝春秋)の別冊で年に1度、まるごと1冊「ネコ特集」を組んでいる。最新号の2010年3月18日発売の「クレア キャット」ではネコ駅長、デブネコ、アイドルネコ、箱に入るのが好きな「ハコネコ」など登場する予定だ。

「猫男子」はなぜモテる?

   いろんなネコ漫画があるなかで、売れているのは「きょうの猫村さん」(ほしよりこ著、マガジン・ハウス)。主人公はネコの「猫村ねこ」で、「家政婦」として人間の家庭で働きながら、悩んだり、泣いたり、笑ったりして、前向きに生きていく姿を描いている。

   03年にウェブで連載がスタートし、06年に単行本化された。今も1コマずつ更新している。ほのぼしたイラストや人間味があるキャラクターに「癒される」という声が多く、4巻で累計149万部が売れた。

   人気急上昇中のマンガは、コミック誌「週刊コミックバンチ」(新潮社)で連載中の「片桐くん家に猫がいる」(吉川景都著)。片桐くんという若い男性と3匹の飼いネコの日常が描かれている。男性向けコミック誌にも関わらず、女性ファンが増えているという「異色」の漫画だ。

   2010年2月9日に単行本を刊行する。新潮社コミック事業部の担当編集者、山田馨さんは、

「女性の書店員にもすごく人気がありますよ。片桐くんは人前ではぼくとつとしていますが、家に帰ると猫を可愛がるという2面性に、女心をくすぐられるそうです。ネコになって片桐くんに甘えたいとか、可愛がられたいとか、萌える女性が多いようです」

と話している。

   ちなみに片桐くんのようにネコを飼っている男性は最近、「猫男子」と呼ばれていて、「猫みたいに甘えたい」という女子にモテているらしい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中