大手百貨店1月売上高、マイナス幅は1ケタ台

印刷

   大手百貨店5社の2010年1月売上高(速報)が出そろった。既存店ベースの減少率はいずれも1ケタ台で、もっとも大きかった三越は前年同月比7.0%減。続いて高島屋が同6.3%減、松坂屋が同3.5%減だった。伊勢丹は吉祥寺店の閉店セールで前年の2倍を売り上げ、全体では同0.8%減。大丸は心斎橋店にオープンした新館が好調で、同0.5%減にとどまった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中