2018年 7月 20日 (金)

JAL、アメリカン航空との提携を強化 「ワンワールド」に残留

印刷

   経営再建中の日本航空(JAL)は2010年2月9日、米アメリカン航空との提携を強化し、国際航空連合「ワンワールド」に残留すると発表した。デルタ航空には、提携交渉の打ち切りを通知した。JALとアメリカンは今後、日米路線の米独占禁止法適用除外(ATI)の適用を申請し、日米路線のダイヤを効率的に運用できるようにする。

   これを受け、アメリカンのジェラルド・アーピィー会長兼最高経営責任者(CEO)は、

「このたびの決定は日本航空と日本国政府にとって重要なものであり、日本航空の多くの利害関係者や、日本の国益、日米間の旅行者にとって、最適な決断だったと考える」

とのコメントを発表した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中