2018年 12月 10日 (月)

上村愛子ブログで心境語る 「どうして結果は残せないんだろう」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   フリースタイルスキー・女子モーグルの上村愛子選手(30)が2010年2月15日にブログを更新し、競技を4位で終えたバンクーバー五輪の現在の心境について語った。

「どうして、こんなにも沢山の人が私を支えてくれるのになんで、結果は残せないんだろう」

   上村選手のメダルは遠い――。1998年の長野五輪では18歳の上村選手は7位だった。2002年のソルトレイク五輪では6位に、2006年のトリノ五輪では大技コークスクリューをまじえた演技でも5位に終わった。今回は過去最高順位だったが、それでもメダルには届かなかった。

   試合を終えた今、上村選手は「いま、こうやって、文字にしながらも考えてしまいます」と語る。試合後も、答えのない答えを考えていることはわかっているのに、いろいろなことを考えて眠れなかったという。そんな中で、友人が言ってくれた、こんなアドバイスは助けになった。

「難題のない人生は『無難な人生』
難題のある人生は『有り難い人生』」

「最後は自分の手で失敗に終わらせてしまいました」

ブログで今の心境を語る上村選手「私らしく滑り切ってゴールができて、本当に幸せ」
ブログで今の心境を語る上村選手「私らしく滑り切ってゴールができて、本当に幸せ」

   上村選手は後者だと言い切る。オリンピックを夢見て、メダルを目指してこれまでずっと戦い続けてきたからだ。成功したときの喜びや失敗したときの悔しさを胸に、自分と向き合ってきた。そうして得たものはスキーの技術だけではなく、自分自身の成長だったと振り返る。

   もっとも、オリンピックでのメダル獲得は自分に課した「責任」だったという。周囲の協力を思うと、そう考えざるをえない。本人は「大きな、プロジェクトを最後は自分の手で失敗に終わらせてしまいました。ものすごくつらかったです」。競技後に見せた大粒の涙は、背負うものの大きさだったのかもしれない。

   ただ、大舞台は最高に楽しかったと素直な気持ちを書いた。周囲のバックアップがあったからこそ、スタートからゴールまでを失敗せずに滑り切れたのが幸せだったという。ブログの終盤はコーチやスタッフ、関係者への感謝ばかりが語られている。

「最高の舞台で、自分の技術に自信を持っていいスタートをきり、私らしく滑り切ってゴールができて、本当に幸せでした! 皆様、本当にありがとうございました」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中