2020年 1月 29日 (水)

「一か八かの攻めに感動」 里谷多英ネットで賞賛の声

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   バンクーバー五輪・モーグル決勝で途中転倒し19位に終わった元金メダリストの里谷多英選手。新聞・テレビは上村愛子選手ばかり取り上げているが、ネットでは、「果敢な攻めに感動した」と賞賛する声が相次いでいる。

   バンクーバー冬季五輪2日目の2010年2月13日(日本時間14日)、フリースタイル女子モーグル決勝が行われ、日本からは4選手が出場した。

鬼気迫る滑りで強い印象残す

   メダルが期待されていた上村選手は4位で終わってしまったが、ネットで大注目を集めたのが里谷選手だ。

   予選を13位で突破。上位20名が出場した決勝では8番目に滑った。スタート後、第1エアを着実に決め、もの凄い勢いで加速。鬼気迫る滑りで五輪金メダリストの貫禄を見せたものの、第2エアでバランスを崩し着地に失敗、転倒してしまった。

   結果は19位と、他の日本人3選手より順位は下だったものの、この滑りは大きな話題になった。2ちゃんねるやツイッターには、

「里谷選手の果敢な攻めに感動した!」
「一発勝負に出た猛スピードの滑降と気魄。かっこ良かった」
「上村愛子よりも攻めまくってコケた里谷多英が印象に残った」

といった書き込みが殺到。「上位の滑りを見ると上村選手とは『迫力』が違ったように見える。里谷選手はそんな迫力があった」という分析も見られる。メダル獲得のため、リスクを恐れずに一か八かの勝負をかける里谷選手に興奮した人が多かったようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中