米議会公聴会がスタート トヨタ車のリコール問題

印刷

   リコール問題で、トヨタ自動車側から話を聞く米議会の公聴会が2010年2月24日に始まった。豊田章男社長は、25日に証言に立つことになっている。

   この日は、下院のエネルギー・商業委員会小委員会で開かれ、米国トヨタ自動車販売のレンツ社長らが出席した。同社長は、「深刻な安全の問題で取り組みが遅れた」と認めた。しかし、一方で、隠ぺい体質については否定した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中