殺人罪など時効の撤廃を答申 政府の法制審

印刷

   殺人罪など死刑相当の罪について、政府の法制審議会は2010年2月24日、時効を撤廃すべきとする見直し案を千葉景子法相に答申した。傷害致死罪などについても2倍に延長すべきだとしている。

   これに基づいて、3月中にも刑事訴訟法の改正案が国会に提出され、6月16日までの今国会中に成立、近いうちに施行される見通しだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中