2018年 7月 21日 (土)

米軍普天間基地の沖縄県内移設2案決める 国民新党

印刷

   米軍普天間飛行場の移設問題について、国民新党は2010年3月3日の幹部会で、米軍嘉手納基地への統合と、米軍キャンプ・シュワブ陸上部での滑走路建設という2通りの沖縄県内移設案を決めた。

   ただし、負担を軽減するため、米軍の訓練機能を長崎県の海上自衛隊大村航空基地などに分散させる考えだ。移設は暫定措置としており、15年後に沖縄駐留米軍の撤退を目指すという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中