公明党子ども手当法案など賛成へ 民主と修正合意

印刷

   公明党が子ども手当法案と公立高校授業料無償化法案について賛成に回り、民主党と2010年3月10日、付則の一部修正で合意したことが分かった。

   公明党は、09年の衆院選では子ども手当を批判してきたが、参院選を前に民主党に接近したものとみられている。

   修正では、児童養護施設の入所者ら支給対象にならない子どもを支援することなどを付則に盛り込む。また、高校無償化法案の付則には、3年後に見直すという規定を入れることにしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中