拉致被害者めぐる田原氏発言「不適切」 BPOが見解

印刷

   ジャーナリストの田原総一朗さんが、北朝鮮による拉致被害者について「生きていない」とテレビ番組で発言した問題で、民法とNHKでつくる放送倫理・番組向上機構(BPO)は2010年3月10日、「配慮を欠き不適切」とする見解を発表した。田原さんは09年4月25日未明にテレビ朝日で放送された討論番組「朝まで生テレビ!」の中で、拉致被害者の横田めぐみさんと有本恵子さんについて「外務省も生きていないことは知っている」などと発言。拉致被害者家族会などが同局に対して抗議していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中