鳩山首相「物質の本質は揺らぎ」 発言の「ぶれ」説明?

印刷

   鳩山由紀夫首相は2010年3月11日、首相官邸で、自身が以前「民主主義の本質は揺らぎ」と話していたことに関し「物質の本質は揺らぎだ」と語った。

   地球も含め、宇宙の本質は揺らぎだといい「人間そのものも、さらに言えば民主主義自体も揺らぎ」と説明。就任以来、米軍普天間基地移設問題や子ども手当などを巡って、再三発言のぶれが指摘されている鳩山首相だが、「全く人の意見を聞かなければ揺らがないかも知れないが、色んな意見を聞きながら、揺らぎの中で本質を見極めていくのは宇宙の真理」と語った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中