2019年 1月 20日 (日)

食中毒の「ミシュラン」三つ星店 次回掲載せずか「降格」か?

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   飲食店の評価を星の数で現す「ミシュランガイド」。最高の三つ星に輝いた京都の日本料理店「千花」が、ノロウィルスによる食中毒を発症させ3日間の業務停止処分を受けた。「ミシュランガイド」は料理そのものに対する評価なのだが、今回の事件で、「千花」は選考から除外、もしくは評価が下がってしまうのか。

「歴史あるミシュランガイドの名を傷を付けた」と謝罪

   「千花」で集団食中毒が起きたとわかったのは2010年3月4日。京都市はこの日から3日間の業務停止を命じた。下痢や発熱の症状が出たのは同店の1万3650円の会席料理を食べた男女8人。この中の3人と、調理をした2人からノロウィルスが検出された。この他にも体調を崩した客が数人いて食中毒かどうか京都府で調査中という。懐石料理にはヒラメ、マグロなどの生ものがあった。

   京都市生活衛生課によれば、京都市はノロウィルスによる食中毒発症が少なく09年は1件だけだった。この時期に飲食店でノロウィルスに感染するのは、生牡蠣(なまがき)を食べた場合が多い。しかし、感染した客に牡蠣は出されておらず、客は懐石料理全てに手を付けていたため、ノロウィルスが入っていたのはどの食品か特定するのは困難だとしている。

   ちなみに、京都市はノロウィルスによる食中毒を起こした店に対して、店全体の消毒と保健所の職員による衛生講習を受けさせる。料理は、85度で1分間加熱すればノロウィルスが死滅するため、加熱を徹底させるのだが、日本料理など生ものを売りにする店については徹底が難しいという。

   「千花」は今回の食中毒について公式ホームページに、自分達の衛生管理の不徹底によって食中毒被害を出してしまった、とし、

「ミシュランガイド三ツ星という栄誉をいただきながら多くの方々のお心を裏切る事態を起こし、大変申し訳なく思っております。歴史あるミシュランガイドの名をも、傷を付ける結果となり甚だ残念でなりません」

と謝罪文を掲載した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中