2020年 9月 18日 (金)

東京V株取得に名乗り 「ネクシィーズ」どんな会社か

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   経営再建中のサッカーJリーグ2部(J2)の東京ヴェルディ(東京V)の運営会社の株式を、情報通信大手「ネクシィーズ」(東京都渋谷区)が取得する方向で検討していることが明らかになった。東京Vをめぐっては、2009年9月に、事実上のオーナーである日本テレビが不況の影響を受け、経営から撤退したばかり。この「ネクシィーズ」、聞き慣れない社名だが、どんな会社なのか。

   東京Vは 日本リーグ時代に5回の優勝、Jリーグで年間優勝2回の実績を持つ「名門」だが、06年にJ2に転落して以来、チーム成績も低迷。これにともなって、苦しい経営状態が続いてきた。

「ホシノドリームプロジェクト」運営にも関わる

   運営費は年に約40億円かかるのに対し、入場料や広告収入は約10億円。チーム運営会社「日本テレビフットボールクラブ」(東京都稲城市)は日本テレビが99%出資しており、日テレが赤字分を補填する形で経営が成り立ってきた。ところが、放送業界も広告収入が減少するなどして経営環境が悪化してきたため、「経営資源を、より必要なところに集中していきたい」(日テレ・細川知正社長)として、日テレは09年9月、保有株式の全てを、東京V前身の「読売クラブ」OBらが設立した「東京ヴェルディホールディングス(VHD)」に売却。経営から撤退した。

   ここで浮上したのが、前出の「ネクシィーズ」だ。同社は電話販売業「日本電気通信」として1987年に大阪で創業し、携帯電話やPHSの企画販売を手がけていた。現在は、インターネット接続サービス「Nexyz.BB」や、人気女優が地域の名産を紹介するウェブマガジン「旅色」の運営やテレマーケティング業務、きもの着付け教室の運営などを行っている。また、スポーツ支援プロジェクト「ホシノドリームプロジェクト」の運営にも関わっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中