2020年 9月 18日 (金)

ゼンリン出版不況に「挑戦」 全国で無料タウン誌発刊

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   出版不況で雑誌の売れ行きが急減するなか、地図情報のゼンリンが地図情報マガジン「Actiz mi-ru-to(みると)」を発刊する。2013年3月期までに全国300か所の市・区で展開する強気の計画をたてている。

   該当する地域の全戸にポスティングする無料のタウン情報誌で、生活情報として需要の高い「医療」や「自治体」「防災」「買い物」「学び」の情報をベースに、地図とリスト、記事で構成する。地域活性化に貢献する1冊をめざす、としている。

雑誌、パソコン、モバイルに電子書籍とフル活用

出版不況に挑む!(ゼンリンのWEBサイト「アクティズ」)
出版不況に挑む!(ゼンリンのWEBサイト「アクティズ」)

   ゼンリンが発行する地図情報マガジンの「Actiz mi-ru-to(みると)」は、A4版約80ページ建て。発行地域では年1回、更新する。2010年6月に発行する「さいたま市浦和区」「さいたま市南区」「神戸市東灘区」を皮切りに、2013年3月期までに全国300か所の地域(市・区)で展開し、売上高50億円をめざす。

   売り上げはすべて広告費。「みると」は、パソコンサイト「Actiz.jp(アクティズ)」とモバイルサイトの「Actiz.jp mobile」、電子書籍の「Actiz eBook」と連携。ゼンリンは、雑誌で「気づき」を与え、パソコンで調べて、モバイルで行動し、電子書籍で街の情報を持ち歩く、といった具合に「4つのメディア」でユーザーを吸引する。  

   広告を出稿するクライアントは、情報誌「みると」への広告掲載と同時にWEBサイトの「アクティズ」にも情報を掲載できる。地図上に店舗名と所在地、PRポイントなどの概要が表れる仕組みで、情報の更新は店舗自身でもできる。また、モバイルでは所在地までのルート検索機能の搭載も検討中という。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中