富士通「iPad」商標をアップル社に譲渡

印刷

   米アップル社が発売を予定しているタブレット型PC「アイパッド(iPad)」の商標を、同社が富士通から取得していたことが2010年3月27日、明らかになった。米特許商標庁(PTO)の資料によると、譲渡は3月17日付。これにより、アップルは富士通と商標をめぐる紛争のリスクを避けられた形だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中