2018年 7月 22日 (日)

2009年度の新規上場24社 6年連続の減少

印刷

   2009年度に東京証券取引所に新規上場した企業(他の市場からのくら替えや経営統合などによるテクニカル上場を含む)は、前年度に比べて10社減って24社となった。6年連続の減少で、17年前のバブル経済崩壊直後の1992年度(17社)並みの低水準になった。

   株式相場は持ち直しつつあり、3月中には医療関連商品のレンタル・販売のトーカイやペット保険専業のアニコムホールディングスなど5社が上場(市場第2部、マザーズを含む)したが、全体としては低調だった。企業業績が低迷している中で、上場による負担増を懸念する向きもある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中