2020年 7月 4日 (土)

「羞恥心」野久保の電撃復帰記事 ネットから削除されていた!

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   活動中止中の「羞恥心」メンバー、野久保直樹さんが「舞台で電撃復帰する」という記事がネットに配信されたが、その後記事が次々と削除される、という異常事態が起きている。久々に演劇の舞台に登場し、元気な姿を見せるということは本当のことのようで、ファンは「復帰」を大喜びしていたが、真相はどうなのか。

   野久保さんは2009年4月、「納得した生き方をしたい」と、新たなブログを立ち上げ、所属事務所からの独立を宣言、フリーの立場でイベントにも出演した。しかし所属事務所のワタナベエンターテインメントは、マネジメントは継続していると説明。ブログは開設21時間で削除された。

   その後、野久保さんのメディアへの露出が減り、09年7月26日に出演したフジテレビ系「FNS26時間テレビ」で、司会の島田紳助さんから「野久保は明日からちょっと旅に出る」と説明されたのを最後に、テレビから姿が見えなくなった。

劇団のホームページに「急遽!野久保直樹さん出演」

   野久保さんが「復帰する」という記事がネットに流れたのは2010年4月6日の昼。「夕刊フジ」と、ネットニュースの「リアルライブ」などがサイトに記事を掲載、配信した。

   「夕刊フジ」の記事によれば、野久保さんが復帰の場所に選んだのは「劇団たいしゅう小説家」の舞台。4月29日から5月5日まで東京芸術劇場で「キマズゲ~愛のことば~」を公演する。劇団は10年4月5日にネットで出演を発表。追加チケットを発売したところ6000円のチケットがあっという間に売れた、と書いている。

   「劇団たいしゅう小説家」のホームページを見ると、舞台の出演者欄に「急遽!野久保直樹さん出演」とあり、野久保さんの写真も掲載されていることから、出演は本当のようだ。

   このニュースは「ヤフー」や「エキサイト」など多数のサイトに配信されトップニュース扱いになった。ブログや掲示板でも「お帰り!!!ずっと待ってたよおおおおお!!!!!」「復活嬉しすぎて泣きそうだ」などと祝福コメントで賑わった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中