車持たない家庭が4分の1にも 不況で手放す傾向

印刷

   乗用車を持つ世帯は2009年度が75.8%となり、車を持たない家庭が4分の1にも上ることが、日本自動車工業会が10年4月8日に発表した乗用車市場動向調査結果で分かった。

   不況の中で車を手放す家庭が増えているとみられている。それによると、07年度の前回調査に比べて3.4ポイントも減少し、1995年度の水準に戻った。一方、買い替え予定車を聞いたところ、ハイブリッド車が前回の22%から32%と初めて3割を突破し、燃費の節約志向がうかがえる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中