2019年 12月 9日 (月)

寝ながら変身し、自転車でコケる 「仮面ライダー」イメージ壊れた

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   大人気ヒーロー「仮面ライダー」のイメージが「ぶっ壊れてしまった」「いや、シュールで面白い」とネットでホットな議論が交わされている。最近放送された回では、寝ながら変身し、イビキをかき、自転車に乗って転倒するといった無様な姿をさらしている。

   そもそもバイクに乗っているから「仮面ライダー」なわけで、なぜこんなふうに「変身」してしまったのだろうか。

   話題になっているのはテレビ朝日系で2010年4月5日に放送された「仮面ライダーW」29話。大学生が次々と「眠り病」にかかり、現実の世界に戻れなくなる、という事件が発生する。調査に向かったのは「仮面ライダー」の左翔太郎とフィリップ。2人が合体変身すると「仮面ライダーW」になる。今回の事件は夢の中に出る怪人が起こしたものだとわかり、翔太郎とフィリップは怪人を倒すため、夢の中に入っていく。

自転車に乗る「仮面ライダー」は史上初?

   「仮面ライダーW」には笑いを取るシーンもあるのだが、決してギャグやパロディーを扱ったドラマではない。29話では、主人公の2人は夢の世界に入るため、人目をはばかることなく、昼間の陸上競技グラウンドで枕を持参し眠りに就く。その時、翔太郎だけが「仮面ライダー」に変身し、イビキをかいている。

   夢の中で「目覚めた」2人は江戸時代にいた。怪人が現れると、岡っ引き姿の翔太郎は「仮面ライダー」に変身。江戸の街でバイクに乗り怪人を追跡する。追い込まれた怪人は特殊能力を使い、乗っているバイクをママチャリに変えてしまう。「仮面ライダー」は必死にママチャリを漕ぎ怪人を追う。しかし途中でバランスを崩し、かっこ悪く転倒してしまう。

    この展開にファン達は驚き、様々な議論が沸き上がった。掲示板「2ちゃんねる」では、「自転車に乗る『仮面ライダー』は史上初」、だとし、

「チャリに乗るとか『仮面ライダー』としてありえないだろ ライダーにギャグはいらねーんだよ屑」
「これで平成ライダーに見切りつけたわ もう一生みねえゎまぢ 」

といった書き込みが出た。SNS「ミクシィ」の「仮面ライダーW」コミュでは、今回の放送について100を超える意見が寄せられ、

「チャリンコで怪人追っかける仮面ライダー 朝から大爆笑WWW」
「今日のWは最高でした。息子をそっちのけで、ますますハマる一方です」
「今回は、まさにストーリー展開の壊れっぷりが面白かった」

などと書き込まれた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中