2018年 7月 21日 (土)

首相にふさわしい1位は舛添氏 しかし前回より人気下がる

印刷

   首相に最もふさわしい政治家として、新党改革を結成した舛添要一前厚労相が再び1位になったと、産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が2010年4月24、25両日に行った合同世論調査の結果を紙面上で明らかにした。

   それによると、舛添氏は、3月20、21日の前回より5.6ポイントも落ちたが、13.4%で引き続きトップに。2位には、前原誠司国交相が、前回より3.4ポイント伸ばして8.5%で続いた。3位が菅直人副総理で7.2%、4位がみんなの党の渡辺喜美代表で6.1%だった。

   なお、鳩山首相は下落を続け、今回は3.6%まで落ち込んだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中