セイコーHD村野社長解任 「名誉会長に無条件に服従」

印刷

   セイコーホールディングス(HD)は2010年4月30日、村野晃一会長兼社長(72)を同日付で解任し、創業家出身の服部真二副社長(57)を社長に昇格させる人事を決めたと発表した。服部新社長は大株主の服部礼次郎名誉会長(89)のおいで養子。村野氏が礼次郎氏とその腹心とされる鵜浦典子取締役の意向に無条件に服従し、合理的判断に支障をきたしたと説明。また、子会社で東京・銀座の高級宝飾品店「和光」が赤字続きとなりながらも長年放置してきたことも指摘した。礼次郎氏も和光の会長兼社長から解任された。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中