任天堂減収減益 「Wii」「DS」販売不振で

印刷

   任天堂(京都市)は2010年5月6日、10年3月期連結決算を発表した。売上高は前年同期比22%減の1兆4343億円。純利益も前年同期比18.1%減の2286億円となり、減収減益となった。人気ソフトの販売が少なく、主力のゲーム機の販売台数が伸び悩んだことが響いた。据え置き型ゲーム機「Wii」の販売数は2053万台(前年度2595万台)、携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」は2711万台(同3118万台)と、いずれも落ち込んだ。

   11年3月期は、3D映像に対応する携帯型ゲーム機や有力なソフトの投入を予定。売上高1兆4000億円、純利益2000億円を見込んでいるが、いずれも今年度と比べて低い数字となっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中