2019年 7月 22日 (月)

「街興し」の切り札目指す 「地域ブログ」田舎に続々登場

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

地元の人のライフラインにもなっている

「美しい景色や物産など沖縄には多いのですが、離れ小島の場合は知ってもらうのが難しい。情報発信するにも広告では相当な費用がかかる。だからブログだったわけです」

   野澤さんは島民に地元の記事を書いてみませんか、カメラマンになってみませんか、と呼び掛けた。次第に賛同者が集まり今ではブログが毎日6000本アップされる。それが日本中の人から読まれるようになり、「あのブログを書いているあの人に会いたい」と観光客の増加にも結びついた。

   また、「てぃーだブログ」は地元の人達のライフライン的な存在にもなっている。地域の行事や生活に関する重要なお知らせが掲載され、「てぃーだブログ」を見て生活のスケジュールを決める人が増えた。また、ブログの更新が止まったりすると「何かあったのではないか?」と家を訪ねたり、電話をかけたりして安否を気遣うようにもなっているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中