「ヱヴァ」の実物大像「富士急ハイランド」に

印刷

   アミューズメントパーク「富士急ハイランド」に、人気アニメ「新世紀ヱヴァンゲリヲン」の実物大「初号機」立体胸像が2010年7月23日に登場する。これは、映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の世界観が楽しめるパビリオン「EVANGELION:WORLD-実物大初号機建造計画-」オープンに伴い、アニメの主人公・碇シンジが初めて「ヱヴァ」と出会った第7ケージ(格納庫)を再現するというもの。実物大の「ヱヴァ」は高さ約9メートル、幅約16メートル。総工費は1億5000万円。パビリオンの施設面積は1460平方メートル。同アニメに登場する主要キャラ「渚カヲル」の等身大立像も設置する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中