2018年 7月 22日 (日)

株価一時1万円割れ 円高で自動車、ハイテク、軒並み下落

印刷

   2010年5月20日の東京株式市場の日経平均株価は、外国為替相場が1ドル91円台前半で推移するなど円高が進んだことで、一時1万円を割り込み、9999円59銭を付けた。1万円割れは2月10日以降約3か月ぶり。終値は、前日比156円53銭安の1万30円31銭だった。豪ドルの下落が響いたとの見方もある。

   トヨタやホンダなどの自動車株やキヤノンなどハイテク株、東芝や日立など電機、日本郵船などの海運、三菱地所や東京建物などの不動産株など、軒並み下落。みずほフィナンシャルグループなど銀行株も下げた。

   また、東証株価指数(TOPIX)も前日比12.49ポイント下落の898.15となった。900ポイントを割ったのは3月4日以来のこと。

   なお、外国為替相場は20日16時の時点で1ドル91円20~30銭で推移している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中