2018年 7月 19日 (木)

国家公務員の採用4割減 半減目標達成ならず

印刷

   政府は2010年5月21日、11年度の一般職国家公務員の新規採用者数について、09年度の約6割にとどめる方針を閣議決定した。任期付き職員を除いた09年度の採用者数は7845人で、11年度の上限は39%減の4783人とする。

   当初はおおむね半減を目指したが、治安を担う専門職である刑務官や、海上保安官、入国警備官、皇宮護衛官は、それらを抱える府省の反発の結果、削減の対象外となった。基本方針では、地方出先機関は8割減、本省の国家1種・2種は2割減、専門職種は5割減とした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中