2018年 10月 23日 (火)

人気絶頂「ヱヴァ」より「イデオン」 坂井真紀の呼び掛けに賛同者続々

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   劇場公開されたアニメ「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」のDVDとBlu-rayがバカ売れし、アニメ史上最高記録に到達しそうな中、ネットでは30年前にテレビ放送されたアニメ「伝説巨神イデオン」のほうが「ヱヴァ」より上ではないかと騒ぎになっている。きっかけは女優の坂井真紀さん(39)が「ツイッター(Twitter)」で、「イデオンは色あせない、エヴァどころじゃない」と発信したことだった。

   「イデオン」は1980年5月から東京12チャンネル(現・テレビ東京)系で放送された。監督は「機動戦士ガンダム」の富野喜幸さんで、「ガンダム」で成功した直後の作品だったことも話題になった。

「エヴァは、庵野監督流のイデオンリメイクだ!」

   無限のエネルギー「イデ」を巡る争いを描いたロボットアニメで、バイオレンスシーンが多く、主要キャラの死も描かれたため、ストーリー展開に賛否両論が出て、視聴率が低迷し、関連グッズ販売も不振となり39話で打ち切られた。しかし、熱烈なファンを獲得していたこともあり、82年7月にはTVのダイジェスト版と新作を加えた映画が劇場公開された。

   その「イデオン」は今年で30周年。坂井さんは2010年5月21日に「ツイッター」で、

「イデオン30周年で対抗して行きましょう。これだけ好きな人がいるのであれば、もっと大きな動きにできるはずです」

とつぶやいた。

   そして大ヒット爆進中の「エヴァ」と比較。「イデオン」は30年経っても色あせない作品で「エヴァどころじゃないですねー」。そして、「エヴァは、庵野監督流のイデオンリメイクだ!」という分析までしてみせた。

   これに対し、「イデオン見てると正直ヱヴァが霞んで見えます。ファンの人には悪いけど」というリツィートがあり、坂井さんは「はげしくどうい」と賛同。多くの打ち返しがあったことに気をよくしてか、

「団結して、もっと(イデオンの素晴らしさの伝達を)大きな動きにしていくべきだ」 と呼び掛けた。

「30周年のイベントはありません」と制作会社

   掲示板「2ちゃんねる」にもこれが飛び火し、坂井さんのツィートについて様々な議論が展開された。2010年5月26日になっても書き込みが続いている。そこには、

「坂井真紀からイデオンが出てきたか。なんだかすごいな」
「イデオンはいい。ああいったグチャグチャでドロドロなのを富野は作るべき」
「前から興味はあったんだ。見てみるよ、ありがとう」

などと書き込まれている。

   「イデオン」は今年でテレビ放送から30周年。イベントや記念のBlu-ray版が出てもおかしくはない。制作会社のサンライズに今後の「イデオン」の企画を問い合わせてみたところ、坂井さんの「ツイッター」での発言がネットで話題になっているのは知っているが、ここずっと「イデオン」関連の商品に動きがなく、「30周年関連の企画は考えていない」ということだった。仮にこれから「イデオン」が盛り上がったとしても、単体のイベントを組むことは難しいのだという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...