2018年 7月 20日 (金)

「郵便不正事件」村木元局長に無罪の公算 部下の供述調書を却下

印刷

   障害者割引郵便の悪用事件で、虚偽有印公文書作成罪などに問われた厚生労働省元局長の村木厚子被告(54)=休職中=の公判が2010年5月26日、大阪地裁で行われた。横田信之裁判長は、村木被告が事件に関与したと認めた元部下の上村勉被告(40)の捜査段階での供述調書を、「取調官の誘導があったとみられる」として証拠採用しなかった。上村被告は、公判では村木被告の事件への関与を否定しており、調書が村木被告の関与を立証する柱だった。これが否定されたことで、村木被告が無罪となる公算が大きくなった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中