木瀬親方2階級降格 清見潟親方はけん責処分 相撲協会

印刷

   日本相撲協会は2010年5月27日に開いた定例理事会で、09年7月の大相撲名古屋場所中に維持員席で暴力団関係者が観戦していた問題について、席の手配にかかわったとされる木瀬親方(元前頭肥後ノ海)と清見潟親方(元前頭大竜川)の処分を決めた。木瀬親方は委員から年寄への2階級降格、清見潟親方はけん責の処分とした。また、木瀬部屋に所属する力士は出羽海一門の預かりとなった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中