2018年 7月 19日 (木)

成人「百日ぜき」急増 患者の半数以上

印刷

   百日ぜきの成人患者の割合がこの10年間で急増し、半数以上を占めていることが国立感染症研究所の調査でわかった。

   同研究所が実施した全国約3000か所の小児科定点医療機関からの患者報告数に基づいた分析によると、百日ぜきの2010年第1~19週の報告数は1395例であり、20歳以上の患者が56.0%を占めた(09年は40.5%)。00年の2.2%から増え続け、これまでのように「小児で流行する疾患」と呼ぶにはふさわしくない状況となっている。

   百日ぜきは、生後6か月以下の乳児がかかると死に至る危険性もある疾患。成人が重い症状を示すことはまれで、診断が見逃されやすいが、周囲への感染を拡大してしまう恐れがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中