2021年 1月 25日 (月)

菅伸子夫人の「普通の生活」 「手をつなぐなんてできない」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   菅伸子夫人(64)がテレビで、前ファーストレディーの鳩山幸夫人(66)のようにはできないと話したことが話題だ。手をつなぐなどして夫婦仲を演出し、セレブのように名士と交流するのが似合わないというのだ。

「普通の生活をしたいんですけど」

   菅伸子夫人は、ファーストレディーになることが決まった2010年6月4日、マスコミの取材にこう心境を漏らした。

ファーストレディーの呼び名も拒む?

マスコミも伸子夫人を特集
マスコミも伸子夫人を特集

   さらに、呼び名さえ拒むような発言までした。

「ファーストレディーとは大統領夫人のことで、違和感を覚えます。首相夫人でいいです」

   伸子夫人は、いとこの菅直人新首相(63)と一緒に市民運動をしながら、絆を深めた。草の根の活動を大切にしてきた、いわば庶民派だ。それだけに、セレブ層を連想させるような呼び名に抵抗があるらしい。

   対照的なのが、鳩山由紀夫前首相の幸夫人だ。着飾った服で前首相と手をつないで歩き、韓流スターを官邸に招くなどセレブ臭が目立った。これに対し、伸子夫人は、TBSのインタビューで、幸夫人が引き合いに出されると、目をむいてこう言い切った。

「とってもじゃないのと思ったの。できないですよ、私。あの人は向いていましたよ、ああいうのね」

   伸子夫人は、ペアで動くのは外国のことであって、日本では、外は夫の菅首相がやり、自分は家を守るものだと主張した。インタビュー中の服も、飾り気のない縦縞のシャツと黒のジャケットだった。

   マスコミの取材でも、夫婦仲をアピールすることはなく、むしろ夫を突き放すような発言が目立った。首相になるのは重いことだとして、「逆に、ご愁傷様かもしれませんよ」と他人事のように話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中